オオサキメディカル オンラインショップ ☆ 5,400円 以 上 ご 購 入 で 送 料 無 料 !(沖縄を除く)

母乳実感哺乳瓶 プラスチック 240ml アニマル柄

母乳育児を応援するプラスチック製哺乳びん

メーカー : ピジョン
商品名 : 母乳実感哺乳瓶 プラスチック 240ml アニマル柄
品番 : 11300342
規格1 : 240ml アニマル 1本
製造国 : 日本
JANコード : 4902508003421
販売価格 : ¥1,881(税込)
在庫 : 在庫僅少
規格1
160ml アニマル 1本
160ml トイボックス 1本
160ml ミッキー 1本
160ml オレンジイエロー 1本
160ml グリーン 1本
240ml アニマル 1本
240ml トイボックス 1本
240ml ミッキー 1本
240ml オレンジイエロー 1本

選択された規格1:240ml アニマル 1本

■商品説明
・母乳育児を応援する哺乳びんです。おっぱいとの併用がしやすく、おっぱい育児を確実にサポートします。
・赤ちゃんのおっぱいの飲み方を研究して作った乳首は、よりよい哺乳運動に必要な3つのステップを適切に行える形です。

【ステップ1:パクッとくわえる】
乳首の口径が広いので、唇をぴたっと密着させることができます。
乳輪部分はすっきりした形で、お口に入れるのがスムーズ。

【ステップ2:舌の動きで母乳を引き出す】
やわらかく弾力性がある乳首なので、自然でなめらかな舌の動きができます。

【ステップ3:飲み込む】
赤ちゃんの成長に応じた穴サイズで、やさしくゆっくり飲むことができます。
・やさしい丸みのあるボトルは手に持って支えやすく、ころがりにくい形です。
・洗いやすく調乳しやすい、広口タイプです。
・軽くて割れにくい、プラスチック製。出産準備で最初にそろえる哺乳びんにもおすすめです。
■使用上の注意
ヤケドの原因になりますので、下記の点にご注意ください。
・調乳時は哺乳びんも熱くなります。
・お子さまのそばで調乳することはおやめください。
・ミルクや飲み物の温度を必ず確認してから授乳してください。
・煮沸消毒後や電子レンジ消毒後は、哺乳びんも熱くなります。
・調乳時、哺乳びんを縦に振ると中身が噴き出し、ヤケドの恐れがあり危険です。また、フードをセットして振ると、高温のお湯により哺乳びんの内圧が高まり漏れや噴き出しの恐れがあり危険です。
・哺乳びんは、赤ちゃんの授乳や他の飲み物を与えるためのものです。それ以外の目的には使用しないでください。
・哺乳びんの目盛りは調乳のための目安です。より正確な精度が必要な場合は、軽量カップや軽量スプーンをご使用ください。
・びん本体の薄茶色は素材本体の色です。(着色料無添加)
・洗浄にはスポンジブラシをご使用ください。硬めのブラシで洗うとキズがつきます。
■保管上の注意
・乳幼児の手の届かないところに保管してください。
・ご使用後、乳首やびんは専用のブラシなどを使用して十分に洗浄した後、消毒を行ってください。
・火のそばに置かないでください。変形することがあります。
■使用方法

【洗浄】
清潔に衛生的になるように、心がけましょう。
・はじめてご使用になる前にも必ず洗浄・消毒しましょう。
・ご使用後は、すぐにぬるま湯につけ、「ピジョン哺乳びん野菜洗い」などで洗いましょう。
・ガラスびんの洗浄には、ナイロンブラシを使いましょう。
・通気バルブと通気孔、吸い穴は両手でやさしくもみ洗いをしてください。強く洗ったり、引っ張ったりするとバルブが避けて、漏れの原因になります。
・通気バルブを保護するため安心な白い粉末状の食品添加物を塗布してあります。はじめに洗ってからご使用ください。
・乳首の先端は非常にデリケートです。洗浄ブラシなどで洗うときは乳首の先端を指のはらで押さえながら洗ってください。

※注意:哺乳びんを洗浄する際は、研磨剤入りたわし、金属たわしやクレンザーなど、
洗浄時にキズが生じる恐れのあるものは使用しないでください。
割れにつながる恐れがあります。

【消毒】
必ず消毒してからご使用下さい。

《煮沸消毒》
・大きなナベにお水をたっぷり入れ、よく洗浄した乳首・びん・キャップ・フードを入れ、火にかけ沸とうさせます。消毒時間は沸とう後3-5分です。
・お湯をたっぷり入れて煮沸しないとナベのふちについて変形するおそれがあります。
・過度の煮沸は製品を早くいためます。

《薬液消毒》
・薬液消毒には「ピジョンミルクポン」など、哺乳びん・乳首専用の消毒薬をご使用ください。詳しくは、消毒薬の取扱説明書に従ってください。
・薬液消毒の場合、印刷の色が薄くなることがあります。

《電子レンジ消毒》
・必ず専用の器具をご使用ください。哺乳びんや部品をそのままで電子レンジに入れて消毒することはできません。
・消毒方法は器具の取り扱い方法に従ってください。
・ご使用の電子レンジの取扱説明書に従ってご使用ください。

※病産院でお使いになる場合は、微生物の種類、不特定多数の赤ちゃんが使用する環境などを充分考慮して、消毒時間を決定してください。

【組み立て方】
※組み立てる前に、通気バルブが開くか確認してください。
1.乳首の座板部分をギュッとつぶすようにして持ちます。
2.キャップの上から乳首座板の片側をずっと差し込みます。
3.両手の親指で座板全体をキャップの内側にはめ込みます。
4.これでセット完了です。
※ひっくり返して座板がゆがんでいないか確認してください。
5.乳首とキャップをびんにはめます。
※キャップがはずれないよう、きちんと締め付けてください。

【調乳】
詳しい調乳法は粉ミルクの表示をご覧下さい。
1.調乳には、必ず一度沸とうさせて、70度以上に冷ましたお湯をご使用ください。
※沸かしてから30分以上放置し、70度未満になったお湯は絶対に使用しないでください。
※冬季などには哺乳びんが冷たくなっておりますので70度ぐらいの調乳水を入れた場合は、それを温めてからそのお湯を捨て、70度以上の調乳水を入れ直すことをおすすめします。
※哺乳びんが冷たくなっている場合、沸とう直後の熱湯を急激に入れると割れる場合がありますので、ご注意ください。
2.調乳方法は粉ミルクメーカーの調乳方法に従ってください。
3.乳首を取り付けたキャップをびんにセットし、軽く締め付けます。フードはセットせず、ヤケドしないように清潔なタオルや鍋つかみなどを使って哺乳びんを持ち、中身が完全に混ざるよう哺乳びんをゆっくりと横方向に回転させます。粉ミルクが完全に溶けたら、出来上がり量まで残りのお湯を注いでください。
※このとき縦に振ると中身が噴出し、ヤケドの恐れがあり危険です。
※フードをセットして振ると、高温のお湯により哺乳びんの内圧が高まり漏れや噴出しの恐れがあり危険です。
4.調乳後、フードを取り付けて哺乳びんを持つか、水をためられる調理用ボウルなどの容器の中に斜めに立てかけるように置き、水道の流水を当て、授乳に適した温度まで冷却します。
※このとき、乳首・キャップに水道水をかけないように、哺乳びんのキャップより下に流水を当てるようにします。
※また、氷水で冷やすと哺乳びんの中と外の急激な温度差が生じてガラスびんが割れる恐れがありますので、お避けください。
5.腕の内側に少量のミルクを垂らして、授乳に適した温度になっているか確認します。生温かく感じ、熱くなければ大丈夫です。熱く感じた場合は、授乳前にもう少し冷まします。

【乳首の吸い穴がスリーカットの場合】
吸い穴が閉じているため、びんを傾けてもミルクは垂れてきません。十分に冷ました後、哺乳びんの表面温度で確認してください。
※流水を当てた後は、びんの表面が冷たくなっていますので、ミルクの温度にびんをならしてからご確認下さい。
・(乳首の吸い穴の形状が丸穴の場合のみ) 調乳後、びんを斜めにするとミルクが飛び出します。しばらくそのままにして、ミルクがポタポタと落ちるようになってから授乳してください。
・電子レンジを利用して、哺乳びんで調乳用のお湯をつくること、または調乳したミルクを温めることはお避けください。
・お子様のそばで調乳するのは、危険ですのでお避けください。

【授乳】
・体温程度に冷ましてから授乳してください。
・赤ちゃんを必ずダッコして授乳してください。また、授乳は保護者が行ってください。
・キャップをきつく締めすぎると、授乳時に乳首がつぶれる恐れがあります。
・調乳後はできるだけ早く飲ませてください。2時間以内に使用しなかったミルクは捨ててください。

【お取り替えのめやす】
・ひとつの乳首に赤ちゃんがなじむと、新しい乳首にかえてもイヤがることがあります。乳首は2コ以上を交互に約2ヵ月をめどに使い、破れたり切れたりしないように古くなったら早めに取り替えましょう。
・乳首は歯の生えている赤ちゃんが、かんで引っ張ると裂けることがありますのでご注意ください。

■ご注意
この商品は個人のお客様への販売を目的としております。
商品のサイズ違い・柄違いを大量購入されたお客様には、
ご注文内容の確認のため、電話もしくはメールにてご連絡させていただく場合がございます。
ご連絡が取れない場合は、一旦キャンセル処理をさせていただきます。
申し訳ございませんがあらかじめご了承ください。
■素材
【フード・キャップ】ポリプロピレン、乳首:合成ゴム(シリコーンゴム) 【びん】ポリフェニルサルホン(PPSU)
消毒方法 煮沸:○  レンジ:○  薬液:○
  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ
osaki_rogo
osaki_rogo
osaki_rogo
osaki_rogo